イラストレーター&漫画家が喜ぶ誕生日プレゼント!画材以外の文房具や必需品

打ち合わせ、ネーム作成、資料探しと、多忙を極めるイラストレーター。原稿の締め切り前は、徹夜することも多いのでは?

自宅にいる時間も長いので、おしゃれなインテリアにしようか、くつろげる部屋着にしようか、、、

一人暮らしの漫画家は、家でガミガミ言う人がいないから、少し個性的な日用品でもいいかもしれません。

食べ物なら、頭に良さそうなパワードリンクか、スタッフと打ち合わせの際に食べられる菓子類でもいいでしょう。

売れっ子のプロ漫画家から、専門学校に通う漫画家の卵、フリーランスのイラストレーターまで対応しています。

間接照明になる漫画ライト(予算3000円)

マンガランプ:
楽天市場で見る Amazonで見る

仕事場に置けるインテリアなら、漫画ライト。 開くと、漫画のページに光が反射するので、柔らかい間接照明になります。贈られた側と贈った側が一緒に盛り上がれる一品。

ボリューミーな冷凍の吉野家の牛丼(予算5000円)

漫画家の食生活は不健康になりがち。暴飲暴食で太ってしまうことも多いそうです。そこで、冷凍牛丼の具。自宅ですぐに美味しい吉野家の牛丼が食べられます。手軽でリーズナブルでインパクトがあり、消耗品なので、新人漫画家におすすめのプレゼントです。アシスタントで分け合ってもいいし、一人暮らしでも役立つでしょう。

調べ物に役立つグーグルホーム(予算7000円)

Google Home Mini:
Amazonで見る 楽天で見る

最新家電が好きな男性&女性に人気な、グーグルホームまたはEcho Dot。声で調べ物をしたり、音楽を聴いたり、天気をチェックしたりできます。一人暮らしの漫画家なら、寂しさを癒やす効果も。グーグルホームミニならコンパクトで場所を取らないので、部屋が狭くても大丈夫。生活が楽しくなる一品。

湿度をモニターできる収納ケース(予算1500円)

ナカバヤシのキャパティ・ドライボックス:
Amazonで見る 楽天市場で見る

湿度計がついた収納ケース。ボックス内の湿度が一目瞭然なので、湿度が高いなら、乾燥剤を入れて調整します。大事な画材や、バックナンバーを収納するのに良さそうでしょ?密封機能がすぐれているので、フィギュアをコレクションする漫画家のコレクター魂をくすぐりそうです。

レンジで一人分のご飯が炊ける調理器具(予算3000円)

サーモス ごはんが炊ける弁当箱:
Amazonで見る 楽天で見る

水と米を入れるだけで、レンジでご飯が炊けるサーモスの弁当箱。料理が面倒な漫画家にウケが良い一品です。しかも、そのままお弁当箱にも。旅行先でも炊きたてのご飯を口にできるなんて素晴らしい贅沢だと思いません?これでコンビニのお米を食べる日々とおさらばですね。

肩こりを防いで筋肉をつける!貼るマッサージ機(予算5000円)

ルルド シェイプアップリボン:
楽天市場で見る Amazonで見る

漫画家を描く時ってひたすら同じ姿勢だから、肩こりがすごいそうです。そこで、貼るタイプのマッサージ機。電流を流して筋肉を動かすので、漫画家の敵である「運動不足」を解消する効果も。漫画を描きながら運動できるなんて。漫画家の必需品だと思いまません?

目の疲れを緩和する小豆アイマスク(予算2000円)

男性用 ゆたぽん:
楽天で見る Amazonで見る

仕事でパソコンを使うイラストレーターや、目が疲れている漫画家には、繰り返し使える目元用ホットアイマスクをさっと渡してみませんか?1000円以内ととてもお手頃。片思いの男性へのプチギフトに贈れば、「気づかいができる女」とアピールできますよ(笑)。

ページが広がるスケッチブック(予算2000円)

TOIDのスケッチブック:
楽天市場で見る Amazonで見る

時を越えて愛されるTOIDのスケッチブック。私も複数所有しています!A6の手のひらサイズですが、ページが折込式になっているので、最大でA5二枚分の絵が描けます。黒い簡素なカバーは防水仕様で、中身は300グラムの中厚口水彩紙を使っています。2000円くらいなので、よく旅行するイラストレーターにおすすめのプレゼントです。

インクがいらないラベルメーカー(予算1500円〜)

DymoのLabel Buddy:
Amazonで見る 楽天で見る

手のひらサイズのラベルメーカー。漫画家は、インク、トーンなどの画材が多いので、収納棚のラベルを作成したり、スケッチブックを整理するのに役立ちそう。

段々明るくなる目覚まし時計(予算4000円)

ウェイクアップライト:
Amazonで見る 楽天で見る

就寝時間が不規則な漫画家には、ウェイクアップライト。起きる40分前から少しずつ明るくなるので、本物の朝日のように、心地よく目覚められます。アラーム音も、鳥の鳴き声やゆったりした音楽から選べるので、自然に目が覚められます。3000円以下でプレゼントできる癒やしグッズ。

暖かいルームシューズ(予算2万円~)

UGGのScuffスリッパ:
Amazonで見る 楽天で見る

冬生まれの漫画家には、UGGのルームシューズ。本物の羊の毛皮(ムートン素材)を使っているので、暖かさも抜群です。北海道に住む漫画家にプレゼントすると喜ばれるでしょう。気品があって、高級感と履きやすさ抜群なので、高級マンションにも似合います。

足元を温めるヒーター(予算5000円)

ZEPEAL アンティーク調コンパクトセラミックヒーター:
楽天市場で見る Amazonで見る

冬に絵を描いていると、足元が冷えやすいですよね。そこで、アンティークなZEPEALのヒーター。台形なので、部屋の隅っこにもスッキリ置けます。送風モード搭載なので、冬の寒い時期だけではなく年中活躍するでしょう。コンパクトなので、足元でも邪魔になりません。

肌を保湿するバスオイル(予算5000円)

Aromatherapy Associates バスオイル:
Amazonで見る 楽天市場で見る

疲れている彼女には、心から癒やしてあげましょう。イギリス生まれのアロマセラピーアソシエイツのバスオイル。お風呂に数滴たらすだけで、入浴剤に早変わり。いい香りと共に肌がしっとりするんです。「アロマ」が特にいいブランドで、入浴剤、ボディーソープが人気です。週間連載、月間連載を抱える、多忙を極める漫画家におすすめ!

スマートに仕事できる、タブレットケース(予算1万円)

ノモロンドン/タブレットケース:
楽天市場で見る Amazonで見る

最近はタブレット片手に、カフェで優雅に作業する漫画家やイラストレーターも多い。なら、KNOMOのタブレットケースをいかが?私が知る限り、最もおしゃれに、タブレットと出かける時に必要な持ち物(携帯、クレカなど)を収納できるバッグです。レザー製とキャンパス地のがあります。

インクいらずのペン(予算4000円)

ベーターペン:
Amazonで見る 楽天で見る

漫画家なら、新しいペンなどの文房具にも興味があるのでは?ベーターペンは、金属と紙の摩擦で描くので、インクを補填する必要ありません。ネーム作成に良さそうですね。漫画家へのプチギフトにおすすめ。

仕事場になるカフェ&レストランのギフトカード(予算5000円)

スタバのギフトカード:
公式サイト

在宅ワークが多いと、気分転換でスタバなどのカフェで仕事をするイラストレーターも多いそうです。そこで、スタバのギフトカードはいかが?好きな額をチャージできますし、面識がない漫画家に贈っても、確実に使ってもらえます。

仕事場を楽しくする文房具(予算5000円)

nicsu_im

寿司メモ:
楽天で見る

ちょっとしたギャグプレゼントになるのが、寿司のメモ帳。数種類セットでプレゼントすると、仕事が楽しくなりそうですね。日本の文房具は外国で専門サイトが作られるほど人気です。

暖かい冬が過ごせるブランケット(予算1万円)

漫画家へのクリスマスプレゼントなら、暖かいブランケットはいかが?柔らかいふわふわのひざ掛けに包まって、本読んだり、紅茶を飲むのは、至福のひと時。上は、アメリカのUGGのブランケットは、一度触ったら病みつきになる素材感です。UGGは模造品が多いので、できるだけ正規店で購入してくださいね。お母さん、おばあさん、お姉さんが冬の寒さを凌ぐのに最適。

コンビニにも行ける部屋着(予算6000円〜)

ナイキのスウェットシャツ:
Amazonで見る 楽天市場で見る

漫画家は正装する機会が少ないので、スウェットは良いプレゼント。ちょっとコンビニに出かける時も、着替える必要がありません。男性漫画家に有名なファッションブランドは: Nike、ユナイテッドアローズなど。個性的で女性漫画家にファンも多いのが、ワイルドフォックスのパジャマ。

万人受けするギフト(予算1000円~)

「何をプレゼントすればいいのか分からない」なら、老若男女喜ばれるギフト券をプレゼントしてみては?いらないプレゼントをもらうより、こっちのが個人的には嬉しいです。おすすめはアマゾンのギフト券。メールで送れるので、誕生日当日でも送れます。化粧品、電気製品も買えるので、「楽しい買い物体験をプレゼントする」と考えればいいでしょう。